アメリカンファジーロップのWatson

看護師というものは勤務する時間が不規則な上に厳しい労働環境であることなどが影響してまったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、実は看護師の資格というものは、いろいろな職種において有益であるケースが多いのです。具体例として、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。どうしても、看護師という職業においては煙草を嗜む人がそれほど多くないという印象を受けますよね。実際にはその印象は間違っておらず、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙や臭いをつけないよう、自主的に禁煙している人が多いと理解できると思います。普通、注射や採血は看護師が行うものです。一般的に、注射が好きな人は少数派でしょうが、もし注射されるのならば、痛みが少ないようにお願いしたいですよね。ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、痛みなく処置してくれる看護師もいれば、上手でない看護師にあたる事も珍しいことでありません。この辺りは運としか言いようがありませんね。看護師がかぶる帽子というのは、看護師を志す学生たちが、病院の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。しかしながら、昨今では、看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは悲しい気もしますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。多くの方々と出会うことが出来る街コンですがこれに参加を申し込む看護師は多数います。職場では女性が多数で、どうにも男性に出会うことが難しく、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。とは言え、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、勤務形態が不規則なせいで、結果として、破局、ということもままあるようです。殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。理由としては、仕事に追われる看護師の厳しい労働環境があります。近年、看護師の医療行為が解禁されたことで仕事が増加する一方になり、勤務時間も長くなってしまい、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に退職する人もいます。看護師の職は特殊な仕事と認識されることが多いですが、他職種と同じように、労働組合がないと下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。看護師というものはストライキをすることも難しく、経営者サイドがしっかりと気を配るということが最も大切です。看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると心身に悪影響が及ぶような場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。注意点ですが、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、夜勤で働く看護師と比べて収入が少なくなることがほぼ確実なのです。将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。往々にして看護師として働くことは大変ハードだと認識され、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。例えば二交代制の病院勤務だと、途中で休憩をとることはとるのですが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、看護師という仕事がキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。しかし、家庭の都合から、企業に就職して会社勤めをしていました。ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという選択肢もあるのですが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療施設で看護助手として勤めながら資格を取ることが出来る事を知りました。看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。近年、日本においてはEPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの外国人看護師候補生という方々を受け入れています。しかしながら、日本語で出題される看護師の国家試験にもし、3年以内に受からなかった場合、帰国する必要があります。病院などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、大変シビアであるようです。少し前までは、疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、ここ数年の間に男性看護師の割合も増加しています。看護の際、患者を移動させたり入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。給料の点からみると女性と変わらないのですが、産休や育休がないので、より多くの経験を積むことが出来ます。世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されており「ローンを組みたい」という時でも往々にして、簡単に審査に通りがちです。とは言え、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師については注意しなければなりません。スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと派遣などではなく、正社員として勤めている安定している看護師に限って言えることであり、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。一般的に、看護師が持つ悩みとして代表的なものは休日や出勤日が不規則な事だと思います。平日が休みになってしまっては、友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという事が悩みのタネになっているようです。他にも、そもそも人手が足りずに簡単に休みが取れないという問題もあります。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。最近の交代勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、まだ勤務年数が短いうちはシフト勤務は避けて通れないと思います。妻の話ですが、子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに苦労した覚えがあります。病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。トップに位置するのは、病院によっても違いますが、多くの場合は看護部長、総看護師長などと呼ばれる方々です。具体的に、どのように階級が上がるのかというと、勤務年数を長くして、信頼を得られるように努めることが必須になります。階級が高くなるほどに高い収入を見込めます。看護師という仕事をしているのは女の人が多いので、結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、その結果、離職率が高い割合を示しています。それから、勤務時間がばらばらであることや、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚してしまう人も多いと言われています。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。シフトを組んだ交代制勤務などで看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、その情報を責任もって申し送りをする看護師に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。伝言程度で終わるケースもよくありますが、症状に対する重要な処置の方法などに関しては重い責任の仕事だと言えます。あまりイメージに無いかもしれませんが、病院外の看護師の仕事場として保育園もあるのです。こうした保育園を職場にするとなると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方はぴったりの職場でしょう。保育園でどのような仕事をするかと言うと、子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする責任のある仕事だと言えます。不安や悩みを抱えている患者から見ると笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。ですが、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、覚えておかなければいけない仕事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、常に緊張を強いられる状態なのです。ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも少なくないそうです。看護師の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。病院内での看護師長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、一般企業においては課長の役職相応でしょう。いわゆる課長職でも、その年収は中小企業と大企業では全く違うのと同様に、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。稼ぎの良い公立病院に勤めるケースではおおよそ750万円前後だと言われているようです。国外で医療的な支援を求めている人々に、医療の立場から支援したいと思案している看護師の方もいるでしょう。実際に、海外において日本の看護師を求める声も増えていて、笑顔で患者を支えることの出来る看護師は、多くの国で求められている職業です。海外で看護師になる場合、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語が必要不可欠なのです。看護師として海外で働きたい場合、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。一般的に男性から人気が高い看護師が、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると両極端だという事が言えるようです。挙げられる理由としては日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、地位を上げるために結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。看護師が働ける場所というのは病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。こういったところでもまだまだ看護師は足りていません。グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、気を付けて接する必要があります。特に介護関連に興味があるという場合は、勤務先にグループホームを選択することも考えてみてはいかがでしょうか。看護師がどんな風に思われているかというと、別名「白衣の天使」ということからも大体の場合には、好意的な印象を与える仕事であると思います。ただ、看護師の勤務の実情に着目してみれば、収入面ではそう悪くはないとはいえ、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。普通、看護師の職場と言えば病院ですが、実際は多種多様なものがあり、町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。会社員も会社によって給与が違うように、同じことが看護師にも言えます。大きな総合病院と町医者を比較すれば、収入は違ったものになるでしょう。こうしたことを踏まえても、看護師として働く人の平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。看護師の仕事といっても、配属された科の診療内容によって、看護技術や処置の方法が変わってくるのです。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、知識を深められるでしょう。今後の進路を考える事もできますから、モチベーションが上げられると言われています。昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、看護師の不足が浮き彫りとなっています。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに急患対応も必要で、多くの看護師がとても大変な思いをしているという現実があります。少しずつ看護師を志す男性も増えてきてはいますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスが蓄積されたり、看護師の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも納得できる話でしょう。多くの看護師に共通する悩みのタネと言えば、職場での人間関係の難しさや不規則な勤務形態です。看護師の中には女性が多く、複雑な人間関係がつくられているところも少なくないのです。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも選択肢に入れておきましょう。一般的に、看護師は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤を避けられない職業の一つです。具体的な時間帯ですが、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。また、3交代勤務の場合、時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。就職しようとしている病院がどのような勤務形態なのか調べておいた方が、実際の勤務に向けた心構えが出来ると思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク