キースホンドの仙さん(仙ちゃん)

病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。高い階級から言うと、病院によっても違いますが、多くの場合は看護部長や総看護師長がトップにあたります。どのようにして階級を上げるのかというと、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、一目置かれ、認められるような存在になることが大切なようです。階級が上がれば上がるほど、より多くの給料を受け取れるはずです。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで多くの仕事がある看護師ですが、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、きちんと申し送りをする看護師に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。簡単に済んでしまうようなケースもありますが、医療的に重要な処置等に関しての申し送りは間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。資格取得の難しさですが、看護師資格の場合はどれ程のものなのでしょう。看護師国家試験の受験生の合格率ですが、90%前後となっています。内容も学校で勉強しておけばそれほど苦労なく合格できるものですから、これといって取得が難関な資格という訳でもないようです。知人が看護師として働いていたのですが、病気のために一度看護師を辞めています。ですが、病気が完治すると復職して医療施設で看護師として今も元気に働いています。多少、仕事をしていない期間があっても、有利な資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。やはり資格が大切なことが改めて分かりました。今、日本ではインドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。とは言っても、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。就労と日本語の勉強とあわせて、国家試験対策をしなければならず、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術やケアなど、看護の方法が違います。ローテーション研修は自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。今後の進路を考える事もできますから、新人看護師の前向きな気持ちも湧いてきます。様々な病気を患い心細い患者にとっては不安を解消し支えてくれる看護師の存在は本当にありがたいものです。でも、現実には看護師の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚える必要のある仕事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため酷くストレスを感じていると言えるでしょう。そのため、うつ病を患う看護師も少なくないそうです。中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、これといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みは働いている職場でそれぞれ異なるようです。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、先にシフトが組まれていますので、休日出勤や平日休みも珍しくありません。別の見方をすれば、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。看護師の資格を取得するには一般的に看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。学習内容にそう変わりはありませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。その一方で、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習に多くの時間を割き、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、日本の医療を提供できたらと思案している看護師の方もいるでしょう。海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、笑顔で患者を支えることの出来る看護師は、多くの国で求められている職業です。当然ですが、海外では患者とやりとりをするうえで英語が必要不可欠なのです。もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、英語を身に付ける事を優先しましょう。夜勤で決まって体調を崩すようであれば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。ここで気を付けたいことは、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して結果的に給料が減ることがほとんどです。今の収入を減らしてでも、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。看護師というものは勤務する時間がイレギュラーであることにプラスして厳しい労働環境であることなどが影響して看護師以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、看護師の資格を持っているということは意外と看護師以外の職業でも実際に役立つことがよくあります。具体例として、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが必須になります。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、看護学校の受験合格を目指した予備校があるほど、難関なのです。いま准看護師として働いているけれど、今後のために正看護師の資格が欲しいという人は、通信で学べる学校もいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、家庭の都合から、企業に就職してしばらくOLとして会社に勤めていました。でも、夢を諦められませんでした。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという事も選択肢の一つでしたが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。すると、実際に看護助手の立場で働きながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。看護師は給料が高いという印象があるのではないでしょうか。場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、大変な仕事ですが、給料で見れば安定的に待遇が良いのが特徴として挙げられます。景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。このような高給で安定した職場という面では魅力のある職業だと言えます。入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子育てをしながら働く看護師にしてみると不安材料となります。小学生になる前の子供だったら、24時間保育を行っている保育所の利用や病院付随の託児室があればそこへ預けることもできますが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。なので、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も相当数いると思われます。多くの看護師に共通する悩みのタネと言えば、勤めている職場の人間関係の問題や交代制による不規則な勤務形態があります。やはり、女性が多い職場ともなると、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることもよくあります。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、もっと環境の良い職場で働くのも良いと思います。看護師の職業は、白衣の天使と呼ばれている通り、往々にして、良い印象を持たれていることが多いと言えます。ですが、昨今の看護師の働き方の実情を鑑みると、もちろん待遇はそれなりですが、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、本質的に看護師の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。昨今、ますます看護師は不足気味です。せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。看護師不足が起こる原因は看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。実際の離職率はどのくらいなのでしょう。なんと、常勤看護師で約11%にも上るのです。女性の割合が多い仕事なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。看護師といったら、昔はほとんどが女性の職業でした。でも、今ではどこでも看護師の名称が使われ、男女共に働く職業となってきました。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。女性的な優しさも大切ですが、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と関わることが多いので、不信感や不安を与えないために、髪形に配慮しなくてはなりません。自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いでしょう。病院の雰囲気や方針次第で、髪形への規則の厳しさが変わるということを覚えておきましょう。ちょっと前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、ここ数年の間に男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。日常の看護においては、患者の移動の介助をする時や入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、力のある男性看護師は重宝されます。給料は女性と差はありませんが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、その分より職業的な高みを目指していけるということです。看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、なんといってもたとえブランクがあったとしても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、現場の人手不足の問題が大きな原因といえます。転職先も雇用形態も特に希望しなければ極端に言えば五十代でも復帰できます。近年、相次ぐ病院の統廃合によって医師や看護師が不足していることが問題視されているようです。日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて時には急患にも対応しなければならず、多数の看護師はとても大変な思いをしているという現実があります。男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、いまだに女性の方が多い職場なので、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる看護師も多いという事実は理解できる話です。働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。よく聞くのは3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。折角休みになっても簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるという悩みをよく聞きます。または、労働環境が過酷で休みを取る暇がないケースもあるでしょう。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。看護師も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと地位が高くなっていきます。例えば、婦長といったら一般的にも分かりやすい役職だと思います。しかし、また別に主任などの役職があるのです。一口に看護師といっても、学生やパート看護師が珍しくありませんので、正看護師であれば役職的には上の立場に立っているという訳です。一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。看護師が活躍できる場所は、クリニックや病院の他にも存在します。数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも看護師は必要とされています。こういったグループホームに入所している方は、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、気を付けて接する必要があります。介護関係に携わりたいという看護師の方は、グループホームに就職するという選択肢も視野に入れてみてください。看護師は愛煙家が多くない印象がありますが、その印象は間違っておらず、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。病気の患者と接する職業上、煙草の臭いを漂わせまいと自主的に禁煙している人が増えていることが分かるのではないでしょうか。普通、注射や採血は看護師が行うものです。一般的に、注射が好きな人はそうそう多くいるとは思えませんが、注射の必要があるのならば、痛くないよう、上手に打ってくれる看護師にしてもらいたいのが人情でしょう。ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、看護師によって上手い下手があるのは当然で、場合によっては下手な看護師に処置されることもあるでしょう。この辺りは運としか言いようがありませんね。看護師がかぶる帽子というのは、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。けれども、ここ最近においては看護師のユニフォームも変わりつつあり、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのは悲しい気もしますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク