南ちゃんの上西

看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、つまるところ、看護師として勤務していない時間があっても、また看護師に戻れるという点です。理由として、看護師が専門職だからということと働き手が足りていない現状が大きな原因といえます。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ上手くいけば50代だったとしても、復職が可能です。病院で看護師としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、育児との両立を目指す看護師にとってとても難しい問題となっています。ある程度の年齢までなら費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。そのため、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も少なからずいます。昨今の看護師不足は大きな問題です。原因は様々ですが、その一つとして仕事に追われる看護師の厳しい労働環境があります。看護師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため看護師にかかる負担が増え、勤務時間も長時間になって、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に職を辞する人も多いのです。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますが看護師の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。女性の多い職場であるためなかなか男性と関わる機会がなく、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。街コンでは、看護師という仕事は一種のステータスとなることが多いです。しかし、せっかくいい相手が見つかっても、後々になってお互いの休みが合わなかったりと駄目になってしまうこともあるようです。資格取得の難しさですが、看護師資格の場合はどれ程のものなのでしょう。試験の合格率ですが、毎年90%前後のようです。内容も学校でしっかりと勉強していれば十分に合格できるものですので、それほど高難度な資格ではありません。病院で看護師として働く場合、働く時間が規則的でないことや過酷な労働環境だということも相まって、他の仕事に移る人も結構いるということですが、案外、看護師資格はいろいろな職種において活用できるというのもよくある話です。例として、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。給料は勤めている会社によって違うものですが、看護師も同様でしょう。地域の診療所と総合病院とでは、やはり貰える給与に違いがあるのです。こういった事を考えても、看護師として働く人の平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。一般的な認識では看護師は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからローンを組むことを考えている際、比較的審査が通りやすいと言えます。とは言え、看護師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時にはそうとは言えないことも多いです。ローンで審査に引っかからずに通れるのは非常勤でなく、正職員として働いているような安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。課長職の年収とはいえ企業によって違うように、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、稼ぎの良い公立病院に勤めるケースではおおよそ750万円前後だと推測できます。最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、経験を積む上でも必然的にシフト勤務になると思います。実際に、私の妻も看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって大変でした。一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、職場における対人関係や勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。看護師の中には女性が多く、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも実は多いのです。夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのもひとつの選択として、覚えておきましょう。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、看護師は服装や髪形など、外見を整えておく事を忘れてはいけません。女性のケースでは、派手なお化粧は控えて、印象の良いナチュラルメイクにするのが良いでしょう。ノーメイクという訳でもありませんから、周囲の人が感じる印象も良くなるでしょう。一般的に、看護師は離職率が高いです。そのため、転職率も高いですね。ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども増えつつあります。こうした看護師専用の転職サイトであれば、もっと簡単に自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、現役の看護師には最適な転職サイトだと言えるでしょう。最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも参考にしてみるのが良いでしょう。日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、医療従事者として手助けしたいと思案している看護師の方もいるでしょう。現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、看護師は常に求められているのです。海外で看護師になる場合、患者とやりとりをするうえで英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。看護師として海外で働きたい場合、きちんと英語を学んでおくべきです。病院では普通、看護師が注射や採血を行います。一般的に、注射が好きな人は稀なタイプだと思いますが、注射されるなら出来るだけ痛くないように処置して欲しいと思うのも当然でしょう。とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、痛みなく処置してくれる看護師もいれば、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。この辺りは運としか言いようがありませんね。誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。けれども、昨今では、看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、こういったことも時代の流れなのでしょう。病棟に勤める看護師は、夜間も常に患者のケアにあたるため夜勤を避けられない職業の一つです。実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、2交代制か3交代制かでまた違っています。2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。一方の3交代勤務では休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。応募する病院がどのような勤務形態なのか早めに調べた上で検討することをおススメします。看護師の職業は、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、一般的には良い印象を持たれていることが多いと言えます。とは言え、実際の看護師の働き方を見てみると、もちろん待遇はそれなりですが、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。プラス面だけに着目せずに、本当のところ、看護師の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。医療のスペシャリストである看護師が必要な施設というのは、病院以外にもあります。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。こういったところでも看護師の活躍が期待されています。グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。介護方面に興味のある看護師はグループホームへ勤務することも考えてみると良いでしょう。普通、看護師としてキャリアを積んでいくと階級も上がっていきます。婦長といえばその役職も想像がつきやすいですが、また別に主任などの役職があるのです。最近では、学生やパートの看護師も増加しているため、国家資格を持った正看護師の立場ではそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。昨今、看護師不足の傾向にあると考えられています。看護師の免許を持っていても、現在は看護師として勤務していないという方も多いです。では、看護師不足の原因はなんでしょう。それは、看護師の離職率が高いということが大きいと思います。具体的には、常勤看護師の場合の離職率は、約11%にもなります。女性の割合が多い仕事なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。不安や悩みを抱えている患者から見ると笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。ですが、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、覚える必要のあるいくつもの作業や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも多いそうです。責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。初めて看護師として働こうと思っても、就職先がなかなか見つからないという方は、年齢が原因になっている可能性があります。実際の求人には年齢についての制限を載せていない場合も、実際には病院側が何歳以下だけを採用すると設定していることもあります。具体的に言うと、30代以上で初めて看護師としての職場を探すのは、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、よく見てみると、純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて給与が高くなるといえるでしょう。ですので、良い給料で看護師をしたいというのなら仕事探しの段階で、日勤だけの職場ではなく夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。この夜勤があるかどうかによってかなり手取りが左右されます。受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。大学の場合のいい面は高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、医療以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。そして、必要とされる学費については専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。不規則な交代勤務や煩雑な仕事など看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。入院している患者に関する情報をしっかり覚え、その情報を次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。伝言で済むものも多いとはいうものの、病状や処置に関する情報については重い責任の仕事だと言えます。一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり比較的高給のイメージがあります。もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な面もありますが、収入に面に注目すれば、他の職業より平均して高水準を続けられることが特徴として挙げられます。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、国公立病院や公立機関で働くという方法です。看護師は長期にわたって務められる職種の一つであるとして高い人気がありますが、なおかつ公務員にもなれたら安定性は確実です。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。これらは魅力的なメリットです。男性も増えてはきたのですが、まだまだ看護師として働くのは女の人が多いので、結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く離職率が高めの仕事であると言えます。その他にも、勤務する時間が不規則だったり、ハードな仕事内容であることが原因で最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも離婚へつながる一因とも考えられます。外科勤務の看護師の、考えられる良い側面と良くない側面を説明しましょう。まず、手術前の患者や術後の患者のケアを行うことにより、とても勉強になります。残念なことは、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、時間をかけて確実にそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク