DVを受けているという要請

DVがもたらす問題は、死者そば、加害者側によらず、その親子や内輪にまで大いに結果をもたらします。とにかく最近のDVは陰湿化が顕著になっていますので、精神的に支出しなければならないレベルのものが圧倒的に多くなってあり、死者やその親子、内輪の人生そのものに直接的なトラブルが与えられてしまうこともあります。

その最たるものが、DV負傷による引越でしょう。DVを受けているという要請をゼミナールの教官にもちかけても、転校しなさいとか引越しなさいとかそういったことを平気で言う教官も当たり前にいるというのが世の中ですから、DVが原因で引越をしなければならないなどということも、報告されていらっしゃるナンバー以上に多いのかもしれません。

ただ、DVの負傷に遭っているという背景だけで引越を決定するというのは、消息筋たちからすれば、あまりにも筋違いなことであるといえますし、第三者から見れば、逃げて掛かるというとも見えてしまう。これはある意味「難民」に似ていないとも言えません。法治国家の日本で、本来であればそんなことがあっていいはずがないのです。

恰好はとりあえず、DVを原因として転校したり引越したりする結果、別のリスクも出るという現象だけは認識しておかなければなりません。それはつまり、別の土に引越しても、結果またいじめられてしまった・・・という事例だ。

やはり有様が変わることで、DVから解放されたというケースもよくあることではあるといえます。ただ、残念ながら、これまでDVの負傷に遭っていた子ども・塾生が、転校以後、引越し先で再びDVの負傷に遭ってしまったという事例も実はけっこう多いのです。

この部分をどうして受け止めるかということも、DVが原因の引越の評価には要素になるのではないでしょうか。

勿論、いじめられるほうが悪賢いなんて言う声音は、単なる暴言以外の何物でもありません。ただ、有様が変わっているにもかかわらずいじめられて仕舞うということは、いじめられる原因の感じもあるのかもしれないという理解は、はからずも持っておいたほうが良しかもしれません。

そして、その素因を除くことができるのであれば、まずはこれを取り除いてから引っ越すという持ち味のほうが、一段と安全であるということも呼べるかと思います。酷いマズイからこそ、ありとあらゆるリスクを考慮して行動することが重要であると思われます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク